>> 2週間で乱視・近視が解消!理学博士が伝授する 『アイ・ファンタスティック』


子供の眼の注意点


赤ちゃんの眼球は、少し小さいということ以外、ほとんど成人と同じ位完成しています。ただ、網膜からの信号を脳に伝えて映像にするという仕組みが、まだ育っていないことから、生後まもない赤ちゃんは、大抵は遠視で、物を近くで見せても焦点をうまく合わせることが出来ません。

赤ちゃんの眼が見える様になる仕組みは、実際物を見て脳へ網膜からの刺激が加わることにより成長します。それは、生後3歳前位までに急速に成長します。子供の目は、見ている物が立体的に見える立体感覚や、見ているものとの距離を感じる距離感覚の能力が育つ途中です。子どもの時に、この両目で見る力を育てておかないと、大人になってからでは難しく、深刻な問題になってしまいます。

「顔を斜めにして見る」「目つきがおかしい」「ころびやすい」など、子供の目つきや動作に気になる点があったら、できるだけ早く眼科を受診したほうが良いでしょう。近視や遠視、乱視など、ものの見え方に異常があるのかもしれません。特に、遠視は、脳や目の発達の邪魔するため、子供の目の場合、遠視には、注意が必要です。

遠視の場合、遠くの物も近くの物も網膜に像をきちんと結ばないために、そのままにすると脳にしっかりと信号が伝わらなくなる為、脳の中にある見た物を分析してくれる部分が十分発達しなくなることがあるためです。その結果として、弱視や斜視になる恐れがあるのです。近視・遠視・乱視は、メガネやコンタクトレンズで視力を矯正し、毎日、両方の目でしっかり見ることが大切です。3歳児健診のころには、視力検査も受けるのが良いでしょう。

→→ 自宅で2週間で乱視から回復する方法を見てみる

当サイト人気コンテンツ

★ 原因について@
★ セルフチェックをしよう
★ 矯正方法B:レーシック
★ 治療A(不正乱視)


Copyright (C) 2007 乱視@解説NAVI | 原因・治療法など All Rights Reserved.