>> 2週間で乱視・近視が解消!理学博士が伝授する 『アイ・ファンタスティック』


防ぐにはどうする?


後天性の角膜乱視の原因で、最も多いケースは、眼を細めることで眼球へ圧迫を与えることと、逆さ睫毛があるようです。小さいときに乱視の傾向がある場合、調べてみて、逆さ睫毛だったので、手術で治すことで乱視が減少した、というケースもあります。また、近視の初期に、無理にものを見ようとして、眼を無意識に細めてしまう人は多いものです。

これにより、眼のまわりの筋肉が成長期の柔らかい眼球と角膜を押しつぶす形になり、このため、角膜がラグビーボールを横にしたような形に変形してしまうこともあります。こうしたことから、角膜乱視を防ぐには、まず、無意識に眼を細めたりしないように注意することです。ただ、角膜乱視になっても、眼のまわりの筋肉を柔軟にするトレーニングなどで、角膜への上下の圧迫を取り除くことが出来、歪んだ角膜をもとの形に戻せる可能性もあるようです。

水晶体乱視の後天的な原因としても、パソコンの画面を長時間見るなど、眼を酷使することで、水晶体が歪んでしまうことがあります。このため、こまめに眼を休ませ、眼の柔軟性を高めるストレッチなどを行うのが、水晶体乱視を防ぐことになります。この場合、身体の柔軟体操と同じで、急に強い力をかければ眼によくないので、ゆっくりと眼球を動かすようにするのがポイントです。

これ以外、乱視に限らず、視力障害を予防するには、食生活を見直すことも大切です。角膜の乾燥を防ぐビタミンA、視神経の働きを助け、眼の疲労を予防・緩和する助けとなるビタミンB、角膜の炎症の予防となるビタミンB2、血管の強化を助けるビタミンCなどをバランスよく摂ることです。さらに、アントシアニンも、眼の機能を向上させるのに効果があるとされています。

→→ 自宅で2週間で乱視から回復する方法を見てみる

当サイト人気コンテンツ

★ 原因について@
★ セルフチェックをしよう
★ 矯正方法B:レーシック
★ 治療A(不正乱視)


Copyright (C) 2007 乱視@解説NAVI | 原因・治療法など All Rights Reserved.