>> 2週間で乱視・近視が解消!理学博士が伝授する 『アイ・ファンタスティック』


乱視矯正の最新技術


角膜そのものを矯正する乱視の矯正として、コルセットにあたる、ハードレンズを寝ている時に装用する事で角膜を整形する「オルソケラトロジー」という最新方法があります。即効性は無いのですが、就寝中のみのコンタクトの装用なので、利用者の負担軽減が出来ます。一人ひとりの角膜形状に合わせて精密にデザインされた専用コンタクトレンズを夜間装用することで、角膜表面の形状を凹レンズ型に矯正します。

ウェーブフロントレーシックというものもあります。ウェーブフロントとは、従来の近視・乱視治療では把握することができなかった細かな眼球の情報で、個人個人に特有な視覚情報です。ウェーブフロント解析装置ウェーブスキャンにより、こうした個人の目の詳しい解析を行うことが可能となり、近視・乱視に加えて、今まで解析不能であった細かな不正乱視までも矯正可能になります。

従来のレーシックと少し異なった、ラセックによる乱視の矯正方法もあります。これは、アルコールで角膜上皮層部分だけをめくり、上皮だけのフラップを作り、その下にエキシマ・レーザーを照射し、再度フラップを元の位置に戻していく矯正手術です。フラップを作る、という点ではレーシックと同じ過程ですが、ラセックの場合、角膜の表層部を非常に薄くめくるため、角膜の薄い人でも手術が受けられるというメリットがあります。

フェイキックIOLは、白内障手術用の眼内レンズと同じ素材で作成された人工レンズを角膜と水晶体の間に挿入し、水晶体をそのまま残し、近視・遠視・乱視を矯正する、長期的な安全性も報告されている視力回復治療法です。眼内に挿入するレンズは、交換の必要がなく、一度挿入すれば長期にわたり矯正視力を維持することができます。強度乱視でも、レーシックと組み合わせることで、より良い視力を得ることが可能です。

→→ 自宅で2週間で乱視から回復する方法を見てみる

当サイト人気コンテンツ

★ 原因について@
★ セルフチェックをしよう
★ 矯正方法B:レーシック
★ 治療A(不正乱視)


Copyright (C) 2007 乱視@解説NAVI | 原因・治療法など All Rights Reserved.