>> 2週間で乱視・近視が解消!理学博士が伝授する 『アイ・ファンタスティック』


矯正方法A:コンタクト


強度の乱視の場合、眼鏡では矯正しきれない事があります。そのような場合、ハードコンタクトや乱視用コンタクトなどで矯正することになります。よく、乱視は眼鏡かハードコンタクトしか対応できないと言われますが、決してそうではありません。円柱レンズを使った乱視矯正用具には、眼鏡やハードコンタクトレンズの他に、ソフトコンタクトレンズもあり、最近は、乱視用の使い捨てのソフトコンタクトも販売されています。

通常のコンタクトレンズは、目の中で回転してしまっても視力に関係はありませんが、乱視用コンタクトレンズは、コンタクトの乱視の軸方向が目の乱視の軸方向と一致しなければいけません。ハードコンタクトレンズの場合、隙間に涙が入り、ハードコンタクトレンズ装着時、縦と横のカーブが同じになって乱視が軽くなります。

しかし、ソフトコンタクトレンズの場合、目の表面にとても薄いラップのようにピッタリとくっついてしまうので、いびつなカーブがそのまま残ってしまい乱視の矯正は出来ないとされています。そこで、乱視用のソフトコンタクトレンズは、目の中で回転しない様に、コンタクトレンズの特定部分がいつでも下に来るように設計されています。

乱視用のコンタクトには、ハードコンタクト以外に、通常タイプソフトコンタクト、3ヶ月定期交換タイプソフトコンタクト、2週間交換タイプソフトコンタクトが現在あります。設計は、各社の製品ごとに仕様などが異なり、使う人に応じて処方されます。自分の眼にはどのコンタクトが最も合っているのか、眼科医による検査を受け、正しく決めてもらう事が重要です。不正乱視は、ハードコンタクトレンズを使用するのですが、ハードコンタクトレンズでも矯正が不可能な場合があります。

→→ 自宅で2週間で乱視から回復する方法を見てみる

当サイト人気コンテンツ

★ 原因について@
★ セルフチェックをしよう
★ 矯正方法B:レーシック
★ 治療A(不正乱視)


Copyright (C) 2007 乱視@解説NAVI | 原因・治療法など All Rights Reserved.