>> 2週間で乱視・近視が解消!理学博士が伝授する 『アイ・ファンタスティック』


矯正方法@:メガネ


軽度の乱視の場合、そのままにしていても構わないのですが、見え方に支障がなくても、目の疲れや頭痛があり、それが乱視によるものである場合、ハードコンタクトや眼鏡を用いるなどの対応を図ったほうが良いようです。治療は必ず専門医師の指導のもとで行うことです。先天的な場合は別として、外傷などが原因の後天的なものは、入念に検査してもらうことです。

また、遠視や近視の人は、必ず定期的な検査を受け、乱視が混ざっていないか確認したほうが良いようです。軽度の乱視であれば、眼鏡でも十分矯正は可能です。乱視の矯正には、眼鏡だと、コンタクトレンズ、屈折矯正手術などと比べ、レンズが角膜に触れないので、衛生上の問題がまず無い、ということから、一番安全性が高く手軽な矯正方法と言えます。

ただ、ハードコンタクトレンズによる矯正と比べれば、空間視の違和感があるという点で、若干の不利があるのは事実です。よく見えるのだけれど、少しばかり違和感を感じる、という状態になってしまうこともあり得ます。しかし、それは高度な検査処方技術によってかなりカバー出来る範囲のものです。

眼鏡による乱視矯正の場合、一つの方向のみを矯正する円柱レンズが使われます。乱視は角膜の屈折力が揃っていないため、焦点が出来ない状態です。これに対し、一つの方向だけに屈折力を持っている円柱レンズを使い、角膜のカーブのきつい面から入ってくる光を調節します。この円柱レンズは、円柱を立てた状態で、縦方向へ垂直に切り取った形のレンズで、凸、凹の円柱レンズがあります。この円柱レンズと、球面レンズを組み合わせ、様々な乱視に対応するのが一般的な矯正方法です。

→→ 自宅で2週間で乱視から回復する方法を見てみる

当サイト人気コンテンツ

★ 原因について@
★ セルフチェックをしよう
★ 矯正方法B:レーシック
★ 治療A(不正乱視)


Copyright (C) 2007 乱視@解説NAVI | 原因・治療法など All Rights Reserved.