>> 2週間で乱視・近視が解消!理学博士が伝授する 『アイ・ファンタスティック』


乱視の見え方A


乱視は、若くてまだ軽い乱視のうちは、症状があまりありません。軽い乱視で、年齢が進むにつれ、症状が出てくる事もあります。症状として、近くの物も遠くの物も見えにくくなってしまう「視覚障害」、片目で見ても2重になって見えてしまう「単眼複視」、物を見る為に調節をして眼が疲れる「眼精疲労」などがあります。

その他、夜暗くなると見えにくくなってしまう、電光掲示板の文字が滲んで見えにくくなるという症状もあります。乱視の眼は、軸が長い方の屈折がゆるやかで、軸が短い方の屈折は強くなっているので、一つの視界に、違った屈折の強さの光が混在している状態です。このため、目に映っている像がダブって見えたり、ぼんやりして見えたり、ハッキリとした映像を見ることが出来ないのです。

乱視の人の角膜は、横方向と縦方向のカーブの状態が違う為、外から入ってくる光の屈折力が均一にならないので、物がぼやけて見えたり、1つのものが二重、三重にダブって見えたりするようになるわけです。乱視は調節に努力が要ることから、眼精疲労をともなう事もあり、物を普通に見ているだけなのに、疲れ目になったり、頭痛がしたり、集中力が続かないなど、普段の生活でも影響が現れます。

乱視は子供のうちから生じている場合もありますが、軽度の乱視の場合、あまり心配する必要はないようです。しかし、症状がひどいと、早めに対処した方が良いでしょうし、なかなか気づきにくいものです。頭を傾けて物を見る、目を細めて物も見る、目が疲れる、頭痛を訴える、といったことを訴えるようになれば、眼科医に相談した方が良いでしょう。

→→ 自宅で2週間で乱視から回復する方法を見てみる

当サイト人気コンテンツ

★ 原因について@
★ セルフチェックをしよう
★ 矯正方法B:レーシック
★ 治療A(不正乱視)


Copyright (C) 2007 乱視@解説NAVI | 原因・治療法など All Rights Reserved.