>> 2週間で乱視・近視が解消!理学博士が伝授する 『アイ・ファンタスティック』


老眼との関係


乱視とは、角膜や水晶体が歪んでいることによって、ものの焦点が一つに集まることができず、ぼやけたり、歪んで見えたり、二重に見えたりする症状をさしています。光が一箇所で焦点を結ぶことができないため、こうした障害が起こってしまうのです。もともと、少しも歪みがない、という人はほとんどなく、いくらかの歪みを抱えているのが普通です。

本来はそれを自分で調整できる力が人間にはあるのですが、一定の限界を超えてしまうと矯正ができなくなってしまいます。これが乱視の状態であり、いくつかの種類に分かれているので、その分類によって適切な矯正の方法があります。それと老眼とは違うのでしょうか。老眼は、目が老化することによって起こる現象です。簡単に言えば、年齢によって水晶体の調整力がなくなることによって起こる現象のことです。水晶体の調整力がなくなるので、近くを見るときにピントを合わせるために筋力を使い、水晶体を厚くするのですが、老眼になるとこれができにくくなり、ピントを合わせる範囲が狭くなってしまうのです。そのため、近くのものはぼやけて見えるようになります。

こうした現象は、誰でも目の老化によって起こるものなので、乱視になっていると老眼になりやすい、という人もいますが、直接関係はないと言われています。乱視とは、あくまでも角膜や水晶体が歪んだことで起こるものでいわばこれらの機能の異常です。これに対し老眼は、目の機能の衰えなので、元々の原因が全く別のものだということがいえるのです。

→→ 自宅で2週間で乱視から回復する方法を見てみる

当サイト人気コンテンツ

★ なりやすいケースは
★ セルフチェックをしよう
★ コンタクトとの関係
★ 老眼との関係


Copyright (C) 2007 乱視@解説NAVI | 原因・治療法など All Rights Reserved.