>> 2週間で乱視・近視が解消!理学博士が伝授する 『アイ・ファンタスティック』


コンタクトとの関係


乱視には、コンタクトレンズによる矯正ができる場合とできない場合があり、どうも混乱してしまう、という人も多いでしょう。もう一度、ここでコンタクトレンズでどのような矯正ができるのか、ということを整理しておきましょう。

乱視の中でも、一つの方向で角膜などのカーブの角度が一番強く、その90度の方向が一番弱く、その間はなだらかに一定に変化している、という状態の乱視のことを正乱視といいます。このような乱視の場合、ハードコンタクトレンズ、そして乱視用のソフトコンタクトレンズによる矯正ができます。もちろん、眼鏡による矯正もできます。ただし、ソフトコンタクトレンズや眼鏡による矯正の場合には、こうした器具が目の中であまりずれないようにすることがポイントになります。しっかりと装着させることによって矯正させることができますので、眼鏡などを選ぶ場合にも気をつけなくてはなりませんし、ソフトコンタクトレンズの場合には、まばたきでずれてしまうことのないように気をつけなくてはなりません。

これに対し、不正乱視ではどうでしょうか。不正乱視は、病気や外傷、手術の後遺症などによって引き起こされることが多く、一定の歪みではありません。このような場合の矯正としては、ハードコンタクトレンズを使って矯正することはできますが、眼鏡、またはソフトコンタクトレンズでは矯正することができません。ですから、乱視と一言で片付けてしまうのではなく、自分の乱視がコンタクトレンズによって矯正できる乱視なのかどうか、ということをしっかり把握しておくことが大切になりますね。

→→ 自宅で2週間で乱視から回復する方法を見てみる

当サイト人気コンテンツ

★ なりやすいケースは
★ セルフチェックをしよう
★ コンタクトとの関係
★ 老眼との関係


Copyright (C) 2007 乱視@解説NAVI | 原因・治療法など All Rights Reserved.