>> 2週間で乱視・近視が解消!理学博士が伝授する 『アイ・ファンタスティック』


治療A(不正乱視)


不正乱視の治療の場合には、どのようなことに気をつければいいのでしょうか。不正乱視の場合には、どのようなことが原因で乱視が起きているのか、ということをしっかりと知ることが大切です。もし、その原因が角膜の異常である、という場合は、ハードコンタクトレンズによる矯正が最適です。また、水晶体が原因で不正乱視になっている場合には、コンタクトレンズによる矯正はできないのが普通です。

最近では、近視の治療にも使われているエキシマレーザーを使った角膜の屈折矯正手術、つまりレーシック手術によって補正する、という方法があります。ただし、この手術では、屈折度数には限界がありますので、どのような程度の乱視でも矯正できるとは言い切れません。ですから、自分が不正乱視であった場合、たとえばレーシックの施術を受けることは可能かどうか、ということについて、専門家の判断を仰ぐことが必要になってきます。

最近、レーシックの手術は急速に普及していますが、やはりしっかりとした問診やカウンセリングを受けた後に手術を受けることが重要です。屈折の矯正には限度があり、できる範囲なのか、できる種類なのかどうか、という診断を正しく下してもらうことが大切です。判断を誤れば、手術自体が意味をなさないものになってしまう場合もありますので、乱視の矯正で手術を、と考える場合には、専門医の判断をしっかりと仰ぐようにしましょう。簡単にできる、という言葉に飛びつかず、よく考えることが大切です。

→→ 自宅で2週間で乱視から回復する方法を見てみる

当サイト人気コンテンツ

★ なりやすいケースは
★ セルフチェックをしよう
★ コンタクトとの関係
★ 老眼との関係


Copyright (C) 2007 乱視@解説NAVI | 原因・治療法など All Rights Reserved.