>> 2週間で乱視・近視が解消!理学博士が伝授する 『アイ・ファンタスティック』


治療@(正乱視)


乱視を治療するには、どのような方法があるのでしょうか。まず、正乱視の場合について考えてみることにしましょう。正乱視は角膜の歪みによって起こる場合が多いのですが、このような場合には、円柱レンズを使うか、ハードコンタクトレンズを使う矯正の方法が適しているようです。

最近、一部のソフトコンタクトレンズでは乱視を矯正できるタイプのレンズも出てきました。ただし、矯正が可能な乱視の屈折度数が限られているので、まばたきでレンズの軸がずれてしまうことがあり、しっかりとした矯正ができるとは言い切れません。やはり、しっかりと治療をしたいのであれば、ハードコンタクトレンズを使うほうがいいでしょう。正乱視には、水晶体が原因の場合もあります。その場合には、コンタクトレンズによって矯正することはできません。自分が正乱視の場合には、原因が角膜であるのか、水晶体であるのか、認知しておく必要がありますね。また、子供の乱視の場合には、この乱視が原因となって屈折異常弱視という状態になってしまうことがよくあります。ですから、いきなりコンタクトレンズによる矯正をするのではなく、眼鏡を使って矯正することが大切になってきます。

乱視の矯正の場合、眼鏡の位置がずれてしまうと矯正の効果は半減してしまうといわれています。ですから、ほかの矯正の場合とは異なり、顔にしっかりとフィットしていることを確かめて眼鏡を選ぶことが重要になってきますので注意しましょう。

→→ 自宅で2週間で乱視から回復する方法を見てみる

当サイト人気コンテンツ

★ なりやすいケースは
★ セルフチェックをしよう
★ コンタクトとの関係
★ 老眼との関係


Copyright (C) 2007 乱視@解説NAVI | 原因・治療法など All Rights Reserved.