>> 2週間で乱視・近視が解消!理学博士が伝授する 『アイ・ファンタスティック』


セルフチェックをしよう


乱視かもしれないな、と心配になった人は、セルフチェックしてみたいですね。では、セルフチェックするためのチェック項目を確認してみることにしましょう。まずはものを見たとき、対象のものが二重になっていたり、時には三重になっていたりしませんか。これをまずはチェックしましょう。

乱視の人は、角膜や水晶体の歪みによって、レンズの焦点が1点に集中しない、という特徴があります。そのため、いくつかの像が重なったようになって見えるため、ぼやけたり、輪郭が二重、三重になって見えるのです。また、乱視の大きな特徴には、近くも遠くもぼやけて見える、というものがあります。近くだけ、とか遠くだけ、というのではなく、近くも遠くもぼやけて見える場合には、乱視を疑ってみる必要がありますね。車を運転しているとき、前の車もよく見えないし、遠くの標識もよく見えない、と思うことはありませんか。そのような場合には、乱視なのかもしれません。

また、乱視の人は、眼精疲労になりやすく、頭痛などがひどい場合があります。パソコンを使ったり、読書をしたり、と目を酷使したとき、このような症状に悩まされていませんか。頭痛だけではなく、頭痛からくる肩こりに悩まされている、という人も少なくありません。眼精疲労の症状がひどくなってきた、と思う人は、乱視を疑ってみましょう。さらに、夜景を見たとき、明かりがぼけて残像が残るような見え方をすることがありませんか。このような場合にも、乱視が疑われますので注意してみましょう。

→→ 自宅で2週間で乱視から回復する方法を見てみる

当サイト人気コンテンツ

★ なりやすいケースは
★ セルフチェックをしよう
★ コンタクトとの関係
★ 老眼との関係


Copyright (C) 2007 乱視@解説NAVI | 原因・治療法など All Rights Reserved.