>> 2週間で乱視・近視が解消!理学博士が伝授する 『アイ・ファンタスティック』


不正乱視とは


正乱視に対し、不正乱視という乱視があります。これはどのような特徴を持っている乱視なのでしょうか。不正乱視は、角膜の表面に凹凸があり、どこにも焦点を結ぶことができない、という状態をさします。

正乱視の場合には、角膜などが一定方向に歪んでいることによって焦点が二箇所などに結ぶ状態なので、それと比べると、難しい状況であることがわかります。このような不正乱視は、角膜の怪我や病気などが原因になって起こることが多いです。一番の特徴としては、屈折面での屈折が不規則であり、どこでも焦点を結ぶことができない、ということになるでしょう。ですから、円柱のレンズでは補正することができないのです。角膜の病気によって、角膜が非対照的な歪みに陥ってしまうとこのような状況が生まれます。また、外傷によって、水晶体が亜脱臼の状態になったり、白内障などの疾患やその他の水晶体の疾患によっても生じます。

なかなか今までの技術では補正をするのが難しい乱視といわれていましたが、とりあえず、どのくらいの視力を持っているかによっても補正の仕方が違います。1.0程度の視力がある場合には、無理して補正をしなくても大丈夫だとされています。また、不正乱視の光学的特性も、最近の技術では分析することができるようになってきました。それにより、矯正の方法も進歩しつつあると言われています。角膜の形状に問題がある場合にはハードコンタクトレンズによる矯正が今では一般的です。また、水晶体が原因である場合には、コンタクトレンズによって治療をすることはできないとされています。

→→ 自宅で2週間で乱視から回復する方法を見てみる

当サイト人気コンテンツ

★ なりやすいケースは
★ セルフチェックをしよう
★ コンタクトとの関係
★ 老眼との関係


Copyright (C) 2007 乱視@解説NAVI | 原因・治療法など All Rights Reserved.