>> 2週間で乱視・近視が解消!理学博士が伝授する 『アイ・ファンタスティック』


正乱視とは


乱視には、いくつかの種類があります。まずは、その中の正乱視についてみていくことにしましょう。正乱視とは、角膜や水晶体が対照的に歪んだために起こる乱視のことです。これは、円柱レンズを使うことにより、矯正をすることが可能です。主に角膜の表面が湾曲している場合が多いのですが、焦点が一点に集まらないという状態が考えられます。このとき、角膜はどのような形になっているかというと、ちょうどラグビーボールを横長にしておいたような状態になっています。そのため、直交する二つの方向で屈折力が違う目になってしまうのです。このような目の場合、この形状の角膜を通った光は、一点に結ぶことは難しくなります。縦と横でレンズの屈折力が違いますから、ピントの合う距離が一致しないためにこうなるのです。

ほとんどの乱視は、このような乱視、つまり正乱視に分類することができます。焦点が一箇所に合わないので、ものはぼやけて見えるのが普通です。また、輪郭などが二重に見えることもあります。一つの方向に目の表面のカーブが強いので、このような状態になるのですが、メガネやコンタクトレンズによって矯正することは可能です。

一般的な正乱視の特徴としては、角膜の屈折率の一番大きな部分と、一番小さい部分は垂直になっていることが多いです。角膜を縦に切ってみると、角膜の曲がり具合が一番大きく、横に切ると、角膜の曲がり具合が一番小さくなっている、という特徴が見られることが多く、歪み方には一定の法則があります。

→→ 自宅で2週間で乱視から回復する方法を見てみる

当サイト人気コンテンツ

★ なりやすいケースは
★ セルフチェックをしよう
★ コンタクトとの関係
★ 老眼との関係


Copyright (C) 2007 乱視@解説NAVI | 原因・治療法など All Rights Reserved.