>> 2週間で乱視・近視が解消!理学博士が伝授する 『アイ・ファンタスティック』


なりやすいケースは


乱視は、先天的に起こることもありますが、後天的な理由によって引き起こされる場合もあります。では、どういうケースが乱視になりやすいケースなのでしょうか。まず、近視になったばかりの人は気をつける必要があります。

近視の初期の段階の人は、目を細めて焦点を合わせ、なんとか裸眼で見よう、としがちです。この行動、つまり目を細めるという行動により、角膜や眼球が歪んでしまうことがあるのです。それが、先天的には乱視が見られなかった人にも乱視を引き起こさせてしまう原因になるのです。同じように、近視ではなくても、目を細めて見る癖のある人は、眼球が圧迫されることになるので乱視を招くことがあります。目を細めることにより、眼球は縦に圧迫されます。こうなると、角膜や水晶体が変形してしまうのです。

こういう癖は、やはり後天的な乱視を引き起こす原因になります。また、かすみ目が気になっている人はいませんか。そのような人は、1日目を使っていると、夕方から夜になると目がかすんで見えにくくなると思うのですが、その場合、無理に見続けようとして目を細めたり眼球に圧力をかけたりしてしまうことがあります。この行動が乱視を引き起こすこともあるのです。近視になり始めの人もそうですが、目を細めることでなんとか見える、と思うため、眼鏡などで矯正したり、目薬を投与したり、というケアを怠ってしまいがちです。でも、こうした行動が乱視を引き起こすことがあるのだ、ということを自覚し、できるだけ避けるようにしたいですね。

→→ 自宅で2週間で乱視から回復する方法を見てみる

当サイト人気コンテンツ

★ 原因について@
★ セルフチェックをしよう
★ 矯正方法B:レーシック
★ 治療A(不正乱視)


Copyright (C) 2007 乱視@解説NAVI | 原因・治療法など All Rights Reserved.
 [PR]  シンガポールドル FX システムトレード オーストラリアドル 豪ドル