>> 2週間で乱視・近視が解消!理学博士が伝授する 『アイ・ファンタスティック』


乱視とは


一般的に目が悪い、という人には、近視の人もいれば、遠視の人もいます。そして、そのどちらの場合もなっている可能性があるものに乱視があります。乱視とは、どのような状態のことをさしていうものなのでしょうか。考えてみましょう。乱視は、実は水晶体のゆがみが原因になっているものを言います。水晶体は、光を屈折させる働きをしていますが、それが歪んでいることで、焦点が合わなくなってしまうのです。

たてに歪む場合もありますし、横に歪む場合もあります。どちらにしても、歪んでいるという状態は、網膜にしっかりと焦点を合わせることができないので、遠くも近くもぼやけて見えてしまいます。厳密なことを言えば、正常であると判断された人の目でも、水晶体が完璧な球体である、という人はいません。ですから、多少の歪みはあり、上下、または左右にちょっと楕円形になっている場合が多いのです。ただし、正常の範囲を超えると、眼鏡などによる矯正をしないと、しっかりとものが見えない、という状態になってしまいます。こうした歪みには個人差がありますし、歪みは、先天的に起こっている場合もあれば、後天的な理由によって歪んでしまう場合もあるのです。

乱視の人は、近くも遠くもぼやけて見えるのが特徴です。ですから、焦点を合わせよう、としながら見ることになるので、非常に目を酷使することになり、疲れ目を引き起こすことになります。乱視の人に眼精疲労が多いのはこういう理由からなのですね。

当サイトでは、乱視の原因・症状や治療法を中心にご解説しておりますので、ぜひ左側のメニューから他のコンテンツもご覧頂けたらと思います。

→→ 自宅で2週間で乱視から回復する方法を見てみる

当サイト人気コンテンツ

★ なりやすいケースは
★ セルフチェックをしよう
★ コンタクトとの関係
★ 老眼との関係

健康関連最新ニュース


Copyright (C) 2007 乱視@解説NAVI | 見え方・症状・原因・治療法など All Rights Reserved.